『METAL GEAR SURVIVE』のプレイヤー数は前作比92%の下落

もん

メタルギア最新作が不調

『METAL GEAR SURVIVE』のSteam統計は芳しくない。

KONAMIは2月21日、”メタルギア”シリーズの最新作『METAL GEAR SURVIVE』をSteam他プラットフォーム向けに発売した。

本作は生みの親として同シリーズに20年以上携わってきた小島秀夫氏とKONAMIの関係悪化を示唆する騒動を経て、象徴的存在であった小島監督不在で開発された作品だった。

新作の開発が発表された時点から、ファンや業界人の間では小島氏についての様々な想いから波乱が予想されていたMETAL GEAR SURVIVEだが、Steamでの発売後1週間の成績は不調であるようだ。

METAL GEAR SURVIVEのピーク人数 – GitHype

前作比92%の下落

GitHypeの公開した統計によれば、METAL GEAR SURVIVEの初の週末は最大同時プレイヤー数は7,713人。この数字は前作『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain』が発売月2015年9月に記録した90,952人に対して92%の下落を表している。

この大幅な前作からのユーザー離れの原因は、小島秀夫氏との騒動だけではないと指摘されている。あまりにもこれまでのシリーズとは異なるゲームシステムや、盛り込まれた課金要素がユーザーからの不興を買っているとの指摘がある。

METAL GEAR SURVIVEに実装された課金要素には、キャラクタースロットや装備内容の保存枠、アイテムボックスの拡張、経験値ブーストや時間短縮機能など、スマートフォン向けなどに多いF2Pゲームを彷彿させる制限解除の課金などが目立つ。

海外記者のPaul Curtinは「これまでのシリーズからは低すぎるプレイヤーベースを見れば、フランチャイズが今後生き残れるとは思えない」と厳しい見解を示している。

KONAMIから独立を果たした小島氏は現在、新たに立ち上げたコジマプロダクションにてSonyとパートナー提携を結びつつ新作『DEATH STRANDING』を開発中。

Read Next...