パブリッシャーが契約解除によりデベロッパーを廃業させ、大半の開発スタッフを引き抜いた

News

独立系デベロッパーが突然廃業

Take-Two Interactiveがゲーム開発者を引き抜くため、デベロッパーとの契約を破棄した後、廃業となったデベロッパーからスタッフを多数引き抜いたことが報告されている。

Bloombergの報道によれば、独立系デベロッパーのStar Theory Gamesの従業員は昨年12月にLinkedInを通して同じような求職メッセージを受け取っていた。

奇妙なことにその求職メッセージの差出人は、Star Theory Gamesが次回作として2年前から取り組んでいるKerbal Space Program 2の開発資金を提供しているパブリッシャーの製作総指揮者からであった。しかも、そのメッセージにはKerbal Space Program 2の開発をStar Theory Gamesから撤退させる旨が記載されていたという。

騒動前後で買収条件など折り合えず

メッセージには「私達にとって非常に難しい決断でしたが、ビジネスを取り巻く状況がゲームの開発とその遂行が危ぶまれる事態となったため、必要な決断でした」「そのため当社のポジションへぜひ応募ください」と書かれていたとのこと。

Star Theory Gamesにとって唯一の収入源であったTake-Two Interactiveとの契約が途絶えるということは、スタジオの存続に直結する問題であった。

Take-Two Interactiveからのメッセージでは、Kerbal Space Program 2開発のためTake-Two自らが新しいスタジオを立ち上げ、そこにStar Theory Gamesの開発スタッフ全員を雇用することを検討していると記されていたという。

Star Theory Gamesの創設者であるBob BerryとJonathan Mavorは会議を開催し、Take-Twoによる買収の提案があったものの条件面から決裂していたことを報告し、スタッフらにスタジオに留まるよう要請した。

しかしTake-Twoからの引き抜きに3分の1以上のスタッフが同意し、COVID-19も重なったことでStar Theory Gamesは廃業することとなった。

強大な影響力を持つパブリッシャーとの力関係

Take-TwoはGrand Theft Autoシリーズなど世界的なIPを保有することで知られる世界有数のパブリッシャーであり、プロジェクトの資金からマーケティングなど、関連するデベロッパーに大きな影響力をもっていた。

今回の件はそんな大企業が影響力を大胆に行使した騒動であり、ゲーム業界内に存在するビジネスの脆弱性と力関係を浮き彫りにする1件だと伝えられている。

現在Take-Twoが立ち上げた新スタジオIntercept Gamesは、元Star Theory Gamesのスタッフの半数以上が所属し、Kerbal Space Program 2の開発に取り組んでいる。

前作『Kerbal Space Program』は200万本以上のヒットを記録した後、Take-Twoにより買収され、続編をTake-Twoと契約したStar Theory Gamesが開発に取り組んでいた。

昨年末には開発期間を延長する追加契約が結ばれるなど、すべてが順調に見えていたTake-TwoとStar Theory Gamesの関係であった。しかし、Bloombergは買収条件の他に契約書で不明瞭であったロイヤリティの条件などの交渉も行われていたとしており、その交渉の帰趨が本件の結末になったと推測される。

Star Theory Gamesは3月に開催予定であったGDCに再起をかけていたものの、前述したようにCOVID-19によりその芽は潰えていた。

Kerbal Space Program 2は2021年秋に発売予定。

News

Posted by もん