16歳のプロゲーマーが億万長者の仲間入り

Valveの人気タイトル『Dota 2』の世界大会「The International 2015」にて優勝した16歳の少年は大富豪となった。

ゲーム上では”Suma1L”として活動するHassan Syed氏。彼はパキスタン出身の『Dota 2』プロプレイヤーであり、現在では億万長者の一人である。

驚異的な天才プレイヤーとして知られるSyed氏はわずか15歳の時にプロゲーミングチーム”EG”の元でDotaアジア大会を優勝し120万ドル(約1.5億円)の賞金を獲得、そして続けざまに世界大会「The International 2015」で優勝を果たし663万ドル(約8.2億円)の賞金をチームで勝ち取った。

現在プレイヤー”Suma1L”はeSportsにおける個人賞金獲得ランキングにて、デビューを果たした今年だけで上位6位に食い込み、その推定獲得賞金額は160万ドル(約2億円)を記録している。

高まるeSportsの気運、スポーツとしての競技ゲームジャンル”eSports”はまだまだ発展していくだろう。

22+pm
01+pm

via: GameSpot