課金の特異点、日本:1人当たり支出額が世界一

もん

国別で見たランキング

App Storeでの国別の支出額が報告された。

AppleがiOS向けにApp Storeを公開して10年。そこで提供されるアプリケーションは今や世界経済の重要な要素となり、2012年以来で1,350億ドルを売り上げたとされている。

マーケティング調査のSensor Towerが今週公開した報告によれば、2012年から2017年にかけてApp Storeで有料のiOSアプリ購入/アプリ内購入など、日本ほど1人当たりで多額の支払いを行なった国はなかった。

世界で群を抜いた金額

国別の1人当たり支出額でランキングした順位によれば、日本は214ドルを記録し第1位となっている。これは第2位のオーストラリアの114ドルを88%上回る驚異的な数字だ。アメリカと比較しても132%上回っている。

日本はApp Storeでの支出の伸びも驚異的であり、2012年から2017年までの各年での支出額成長率は平均して前年度比で約88%。比較としてのアメリカでは約43%だった。

2017年において、日本での支出の90%はゲームカテゴリーで行われていた。

Read Next...