eSports日本代表、団体として認められぬJeSUの未熟さ際立つ

もん

日本代表であり日本代表でないeSports

世界で盛り上がるのと対照的に、日本でeSportsは冷ややかだ。

2018年8月にインドネシアで開催される”第18回アジア競技大会”に、eSportsの日本代表選手が初となる出場することが決定した。11人の代表選手の中、東アジア地域予選で勝ち抜いた3人が本戦に出場する。

3人が出場するのは、eSports競技種目として今回採用された『ウイニングイレブン 2018』で2名、『Hearthstone』で1名の内訳。日本オリンピック委員会(JOC)がエントリー手続きを行い、日本eスポーツ連合(JeSU)が派遣する。

国内予選時の写真 – NIKKEI STYLE

JeSUの根回し不足が際立つ

これ自体は喜ばしいニュースであるものの、その喜びに水を差すような疑義が生じている。NIKKEI STYLEによれば「JOCが派遣する正式な日本代表ではない」と認識されているようだ。

だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

NIKKEI STYLE

囲碁と時と対照的なJOCの態度

JOCは様々な競技団体が加盟しており、正加盟として水泳や体操など55団体、準加盟としてチアリーディングなど6団体、証人としてオリエンテーリングなど5団体が加盟しているが、JeSUの名前は現在のところ無い。

JOCの内部では「ゲームがスポーツなのか」と慎重な意見が根強いことが今回の原因の一つとはされているものの、これは根拠が薄い。囲碁が2010年にアジア競技大会で正式競技となった際には、急きょ設立された囲碁の統一団体はJOCに承認団体として認定を受け、JOCによる日本代表として選手が派遣された経緯がある。

この時の囲碁の統一団体の誕生と、eSportsにおけるJeSU誕生の経緯は端的には同一だ。どちらも競技大会に出場するためには国内で統一団体が設立されている必要があり、急きょ設立されている。

であれば、囲碁が認められeSportsが認められない理由は一つしかない。JOCにとって囲碁の統一団体は加盟を認めるに値する団体であったが、JeSUは未だその域に達していないと判断された、これに尽きる。

世界で盛り上がるeSports

JeSUの社会的地位の確立が課題

そもそも、と個人的な想いも混じった愚痴を吐露してしまうと、JeSUはその成り立ちからしてきな臭い話が出ており今回の件は「やっぱり」と思わずにはいられない面がある。

日本国内におけるeSports産業の普及を目指す新団体として2018年2月に発足されたはいいものの、本来その目的と何ら関係のないプロゲーマーライセンスの発行と大会賞金額に関する誤解を招く宣伝が相次いで専門家から指摘されるなどしていた。

JeSUにはeSports産業のための団体というより、利権団体であるとの厳しい声もある。

残り時間は少ない。次の2022年のアジア競技大会ではeSportsは公式競技への格上げ、2024年のオリンピックでの競技化が見込まれている。JeSUには一刻も早い社会的地位の確立を目指して欲しい。

Read Next...