『Metal Gear Online』開発スタジオが閉鎖

最新作『Metal Gear Online』の開発を担当したKonami Los Angeles Studioが閉鎖されたとの情報を、海外メディアが相次いで報道している。この情報はアメリカのゲーム会社3D Realmsの共同創設者であるGeorge Broussard氏がTwitterにてはじめ報告したもの。

KONAMIは小島プロダクションのLA支部を閉鎖した。35の仕事を請け負っていたがクリスマス直前に閉鎖する」

海外大手メディアのEurogamerは独自の情報源にて、この情報の確証を得たと報じている。LAスタジオが請け負っていた20以上の進行中の仕事も失われるとのこと。

Konami Los Angeles Studioは2013年に小島プロダクションの新たな支部として創設されたゲーム開発スタジオ。直近では『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain』の開発を担当し、同作に含まれる「Metal Gear Online」の開発にも携わっていたことで注目を浴びていた。今回の件がどの程度Metal Gear Onlineのサービスに影響を及ぼすのかは不明。

2015年3月にはKONAMIと小島プロダクションの関係が悪化していると報じられ、全てのMetal Gear Solid作品から小島秀夫監督の名前が削除されるなどの騒動が発生。その一環として「Kojima Productions Los Angeles」は「Konami Los Angeles」へと名称が変更となっていた。

KONAMIは後に否定しているものの、最近では生みの親であった小島秀夫氏は10月9日にKONAMIを退社したと報じられるなど、今後もKONAMIと小島秀夫氏に関する波乱は続くと見られる。

Update: KONAMIは公式にKonami Los Angeles Studioの閉鎖を認めた

via: GameSpot, Eurogamer, VG247, VideoGamer

メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント (2015-09-02)
売り上げランキング: 43