小島秀夫監督なしでもメタルギアは続けられるとKONAMIが回答

KONAMIのコミュニティ・マネージャーを務めるGraham Day氏に対して行われたインタビューで、KONAMIのこれから作る”メタルギアソリッド”に生みの親である小島秀夫監督は必要ないとの考え及び、海外を中心に騒動にもなったKONAMIの家庭用ゲーム機向けAAA作品の開発について今後も継続していくとの方針が語られた。

海外メディアが行った小島秀夫監督の存在なくしてメタルギアシリーズを続けられるかとの問いに対して、Day氏は「もちろんできます。メタルギアの物語に関してもキャラクターに関しても」と回答し、小島プロダクションではなくプラチナゲームズが開発を行ったスピンオフ作品『メタルギア ライジング リベンジェンス』を例に根拠を示した。

まったく別のチームが手がけた作品だったが、とてもとても素晴しい作品になったじゃないか

metalgearRisingWithoutKojimaKONAMI2

家庭用ゲーム機撤退のニュースに関しては否定

KONAMIがモバイルゲームに注力し、今後家庭用ゲーム機での大作開発を行わないとの報道についてDay氏は否定した。

「ニュースを信じないでください。前後関係が間違って伝わっているのです。たしかにモバイルゲームには可能性と未来がありますが、だからといって他の全てを捨てたわけではありません」

小島秀夫監督のいなくなった”メタルギア”に、その遺伝子は伝わっていくのだろうか。個人的なファンの意見としては、落差が怖いのであまり期待しないでおきたい。スピンオフとしての良さと本筋としての良さは別物だと思うが、今のKONAMIにとっては同一のものに感じられているのだろうか。

via: PCGamesN, EGMNOW, GameOn