フォックスエンジンのディレクターがKONAMIを退社

先日、KONAMI内の組織体制改革の一環で解散となった”小島プロダクション”が、将来製作するタイトルのために独自に開発を行っていたゲームエンジン「フォックスエンジン(Fox Engine)」の製作監督を務めたスタッフがKONAMIを離脱したことが判明した。

今回KONAMIを退社したことが判明したのは、フォックスエンジンを含む技術的な戦略部門に携わっていたJulien Merceron氏。これを受けてIGNなど海外大手メディアが退社の理由を探っているものの、Merceron氏がなぜKONAMIを離脱したのかは不明となっている。

フォックスエンジンは『メタルギアソリッドV』の他にも同社の『ウイニングイレブン』シリーズの製作に利用されている。

海外ゲームメディアの予測では、Merceron氏の退社はKONAMIの新社長の打ち出した”モバイルゲーム中心の方針”を受けての判断ではないかとされており、前述の通り正確な退社理由は不明だが、いずれにせよKONAMIがこれまでのようなゲーム開発者にとって優れた職場ではなくなりつつあることは確かなようだ。

konami_julien_merceron_1-600x450
ゲーム関係者との関係悪化が噂されるKONAMI、公式サイト上のお知らせが壮絶な状況だと話題に

via: VG247