新作『Silent Hills』から主演俳優が降板

小島監督の『Silent Hills』シリーズ新作がキャンセルされたと複数の海外メディアが報道…「申し訳ない」と関係者も発言

複数の海外大手メディアが一斉に報じたKONAMIの人気シリーズ最新作『Silent Hills』の開発キャンセルの噂について、KONAMIがコメントを発表し、新作ゲームについて少なくとも大きな変化があったと明かしている。

norman

新作『Silent Hills』の開発が初めて発表された際、主演俳優として起用された『ウォーキング・デッド』などで知られる俳優のノーマン・リーダス氏との契約を終了したことをKONAMIは明かしている。

ノーマン・リーダス氏が自身のTwitter上にて「楽しみにしてくれたみんなに申し訳ない」と発言していた件についてはこのことが原因だったという。

KONAMIは今回の発表にて、報道されている噂について直接触れはしないものの「我々は今後も『Silent Hills』シリーズの開発を続けていく」とコメントしている。

新作『Silent Hills』について不穏な噂が飛び交い始めたのは、KONAMIに所属し『Metal Gear Solid 5』や本作に携わる小島秀夫監督が退社するのではと3月に報じられて以来。


小島監督作品から一斉に監督のプロダクションのロゴマークが削除され、レギュラー出演していたポッドキャストも打ち切られるなどKONAMIとの不仲説が報じられ続け、今週には『Silent Hills』のティザー作品として公開されていた『P.T.』の配信も打ち切りとなることが判明している。

パブリッシャであるKONAMIは開発続行中とコメントを発表したが、予断は許さない。