「君たちには何の価値もない」

Steamをはじめとしたデジタルゲームの大幅な値引きがもたらす悪影響は深刻だ。

イギリスの独立系デベロッパPuppy Gamesの創設者Caspian Princeが「君たちには何の価値もない: インディPRの闇」と題するコラムを投稿し、そこに書かれたインディデベロッパの悲壮な現実に注目が集まっている。

ChokePointによれば、PriceはPuppy Gamesの発足した2002年時点では小規模なデベロッパのゲームは平均して20ドルで販売することが可能で、それで利益が出ていたという。販売後にサポート対応を行っても、販売価格のおかげで相殺できた。

しかし、SteamやHumble Indie Bundleが台頭してきたことで状況は一変したとPriceは語る。インディゲームの市場価値は約1ドルにまで低下し、Steamストアで10ドルで販売していても、大幅なセールを実施しない限りは購入されなくなってしまったとのこと。

「個人レベルで見ると君たちは蟻のような存在だ」

君たちはかつて20ドルの価値があった。それからファンになって残り4作品をそれぞれ20ドルで購入したとすると、100ドルの価値を持つことになる。

今では、君たちは我々にとって1ドルの価値しかない。我々のゲームを全て購入してくれたとしても5ドルの価値だ。Valveや税務署、銀行に間引きされるとコーヒーのカップ半分以下の価値しかない。

顧客がいなければ、我々はホームレスになってダンボールで生活する羽目になる。しかし、個人レベルで見ると君たちは蟻のような存在だ。あらゆるデベロッパーに周知の事実だが、公に口にする者はいない。君たちはサポートする価値がない。

顧客は我々にとって蟻のような存在かも知れないが、Valveにとっては我々が蟻なんだ。