■目次

そもそも「Open Broadcaster Software」とは?

Open Broadcaster Software(以下OBS)とは「Twitch.tv」や「ニコニコ生放送」などで、
高画質かつ高音質に映像を配信するための、軽量で高機能な配信ソフトです。

競合ソフトには「FME (Flash Media Live Encoder)」や「XSplit Broadcaster」、「Niconico Live Encoder」などがあります。
様々なソフトがある中でなぜこのOBSを採用するか、その理由は簡単です。

無料で利用でき動作は軽量、なのに有料ソフトにも負けない高機能さ」だから。

今回はインストールから基本的な設定までの流れを紹介していきます。

まずはOBSをダウンロード

obstop

Open Broadcaster Software – Download

まずは上記リンクからOBSの公式サイトへと飛び、トップページ右上部にある「Download」ボタンから
OBSのインストーラーをダウンロードしましょう。インストーラーに従えばインストールは問題なく済みます。

2014-04-14_005435
起動確認をしてみて画像のようなソフトが起動できればインストール完了です。
次の項ではいよいよ設定に入っていきます。

基本設定を行う

menu-setting
インストールが完了したら、OBSの基本的な設定を済ませてしまいましょう。
ソフト右下部分にある「設定」をクリックし、設定画面へと移行します。

設定 – 一般

setting-gen
言語日本語
設定プロファイル自分でわかりやすい設定ファイルの名前

設定 – エンコード

2014-04-14_020414
ビデオ
エンコーダーx264
CBRを有効にするチェックを外す(固定ビットレート化)
映像の品質10に近いほど高品質(8程度が無難)
ビットレート自身の回線速度による(1000程度あれば十分)
バッファビットレートと同じ値

サウンド
コーデックAAC(一般的にMP3より高音質とされる)
ビットレート96(音質を重視する場合はさらにあげる)
フォーマット48kHz
チャンネルstereo

設定 – 放送設定

setttt
モード配信
サービス利用する配信サービスに合わせる(該当がない場合はCustom)
サーバー各サービスに応じたもの
プレイパス/ストリームキー各サービスに応じたもの

※プレイパス/ストリームキー取得方法(Twitch用)
twitch1.png twitch2.png twitch3.png

設定 – ビデオ

sett-video
配信映像視聴者が見ることになる画面
解像度の縮小未設定
FPS30(1秒あたりの画面更新回数、20-30程度あれば十分)
Aeroを無効にするチェックを入れる(3フレームの遅延が発生するため)

設定 – サウンド

set-sound
デスクトップのボリュームを上げる1(倍数により音量を調整する)
マイクのボリュームを上げる1

設定 – 詳細設定

set-set
一般
マルチスレッドの最適化を使用するチェックを入れる

ビデオ
x264のプリセットveryfast(slowerに近づくほど高負荷)
エンコードプロファイルhigh(スペックによって変更)

設定 – マイクノイズゲート

set-mic
閉鎖閾値しゃべっていない時の音量プラス4db程度
開放閾値閉鎖閾値プラス6db程度

配信映像のレイアウトを変える

obs
配信する映像の画質や音質の設定が終わったので、次に配信される映像のレイアウトを決めます。
主に「シーン」と「ソース」の要素を変更することでレイアウトを変更することが出来ます。

シーン
「シーン」は単語そのままの意味で、配信画面を一度にガラッと入れ替えたい場合などに使います。
使用例としてはゲームの起動前やマッチング待機中のシーンと、プレイ中のシーンを用意し切り替えるなど。

シーンを追加したい場合や削除したい場合には右クリックのメニューから行います。

ソース
「ソース」は各シーン内での取り込む要素で、右クリックのメニューから追加や削除を行います。
ゲーム画面などは「ゲームキャプチャ」や「ウィンドウキャプチャ」を使用します。

シーンを編集する

reiauto-botan
各要素を画面のどこに配置するかなどを変えるには「配信プレビュー」中に、
「シーンを編集する」というボタンをクリックします。

reiauto-
位置を変えたいソースを選択すると、各要素上に赤い枠線が現れます。
その枠線の大きさなどを変えることでレイアウトを変更することが出来ます。

音量を調整する

onryo
配信される映像の音量はソフト右下のメーターから調整することが出来ます。
左がマイクの音量を、右がゲームなどの音量となります。

配信開始

startend
「配信プレピュー」で納得のレイアウトにすることができれば、あとはいよいよ本番開始するのみです。
「配信開始」をクリックすることで配信が開始されます。

実際の配信ページを訪れ、配信が正常に行われているか確認してください。
もし配信が正常に出来ていなかった場合は、プレイパス/ストリームキーが間違えている可能性があります。