Minecraft専門の建築会社

Features

19歳が設立した世界を創る会社

『Minecraft』にはプロのビルダーが存在する。

職業としてデジタルブロックを組み合わせて世界を作り上げるデザイナーや建築家の集団だ。PC Gamerが紹介するのはVerunaというプロ集団の1つで、34人が在籍してクライアントのために世界を創造している。クライアントから依頼されるのは、水中王国などファンタジーなものから未来的な街並みまで様々だ。

Verunaは19歳の創設者Thomas SulikowskiがCEOを務めている。

Sulikowskiは高校生時代にMinecraftで建築というものに出会った。他の多くの青年と同じく、友達に誘われたゲームを始めたのが始まりだった。「毎日授業の後、数時間遊んでいた。高校2年生のころに通常のサバイバルゲームから離れ、Minecraftのクリエイティブな面に深くのめり込み始めたように思う」

Minecraftのコミュニティ上で自身のビルドを投稿し、彼は次第に注目を集めるようになっていった。この頃Sulikowskiはいくつかの調査を行い、Minecraftを通してビルドがビジネスとして成立することに気が付いたという。

そうして小規模なキャビンから、エンパイアステートビルの完全再現といった大掛かりなビルドを手掛けるようになったSulikowskiだが、すぐに学業とMinecraftでのビジネスを両立させることが難しいことが分かり、事業規模を拡大して対応することを決意した。

クライアントは大きく3つに分類できる

Minecraftのビルドをビジネスとする稀な企業は、クライアントがはじめ何を求めているのか分からないところから始まるという。ただ大胆で魅力的なものを求めているという点から、どのようなサイズ感であればそれを達成できるかを見極めていくことが最も難しいとSulikowskiは伝えている。

Verunaでは通常2人から8人のメンバーが参加し、クライアントと全行程でコミュニケーションを取りながら作業を進めていく。どのようなクライアントが存在するのか、大きくは3つのタイプに分類できるという。

1つ目はMinecraftを注目を集めるためのマーケティングツールとして考える企業で、企業のプロジェクトに関連した地域や建物の再現を求められるタイプ。

2つ目は慈善団体Block by Blockのような、何らかの代替としてMinecraftを用いる組織の活動の一端。Block by Blockは、ハイエンドの3Dデザイン建築ソフトウェアを利用できない組織が代替としてMinecraftを利用することを支援する団体だ。

そして最後が個人の顧客で、個人的に使用するためのビルドだったり運営しているサーバーのためのビルドのオーダーに応えるタイプとなる。Minecraftはサーバー運営自体がビジネスともなるため、人々を引き付けるためのコンテンツとして需要があるのだという。

例えばSulikowskiが例として挙げた個人顧客からの依頼では、アニメに登場するような街をまるまる再現するビルドのCity of Orarioだ。Minecraftアニメを撮影するためのサーバー向けに依頼されたようだ。

Verunaの制作料金は999ドルから開始となる。高額なものでは1万ドルを超えたこともあるという。City of Orarioでの建築物であれば4,000-5,000ドルの価格帯とのこと。制作を行うビルダーは時給制で、料金はビルドにかかる推定時間から算出されるという。

Sulikowskiの次の目標はMinecraftの権利元であるMicrosoftとのパートナーシップ締結だ。マーケットプレイスで直接制作したマップを販売できるようになることを考えているという。

Features

Posted by もん