Steamでインディー作品は前年比で47%売れにくくなっている

80%の作品はほとんど稼ぎがない

Steamを用いた2019年のゲーム販売に関する統計調査が発表された。

調査はイギリスのパブリッシャーNo More RobotsのMike Roseが行ったもので、「平均的なゲームは初年度に1,500本を販売し16,000ドルを売り上げる」「前年比で47%売れにくくなっている」ことが判明したと伝えている。

統計で使用したデータ

統計ではSteamで一般的に取得できる情報を基としており、スクリーニングのため以下の条件を使用している。スクリーニング後の件数は約170本とのこと。

  • 2019/7/5~8/6までにSteamで発売された約900本を母体データとする
  • レビュー投稿数が10件に満たない作品を除外する(約700本が除外対象となる)
  • AAA級の作品を除外する
  • 収益の上位5%と下位5%を除外する

2018年と2019年の比較

中央値/平均値2018年2019年変化率
販売本数5,000 / 25,0001,500 / 3,000-70%
売上$30,000 / $275,000$16,000 / $46,000-47%
初年度価格$12 / $13$10 / $11

※2018年の統計はRoseが同様の条件で調査した際のもので、GDCにて昨年度報告している。

結論の概要

  • Steam上のゲームはリリース初年度に平均1,500本を販売し、$16,000の収益を得る。
  • 2019年にリリースされた作品の収益は、2018年にリリースされた作品の約半分に収まる。
  • ゲームの販売価格が高いほど平均的な収益は向上する。(多くの作品の現在の販売価格は安すぎる)

この結論の背景としてRoseは無料ゲーム(FortniteやLol)をプレイする人口が増加したこと、月間リリース本数が増加の一途にあること、サブスクリプションサービスなどによって未消化作品が積み上がっていることを推察している。

データのスクリーニングでは約80%の作品が除外となっている。最も多くの作品を除外することとなったレビュー投稿数が作品の売れ行きと比例すると仮定した場合、除外となった作品のほとんどは調査で判明した数字よりもさらに悪い結果となっていると予想される。

コラム研究・調査

Posted by もん