EAはルートボックスを否定し「サプライズメカニクス」と主張

委員会でのEAの供述が話題

Electronic Artsの法務担当者は、自社のランダム購入の仕組みについて「ルートボックス」であることを否定し、「サプライズメカニクス」であるとの論理展開を始めて話題となっている。

PCGamesNによれば、同社の法務担当者Kerry Hopkinsはイギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ委員会にて供述証拠を求められた際にElectronic Artsの提供するランダム購入はルートボックスに該当しないと述べた。

Hopkinsは同社のランダム購入のメカニクスについて、キンダーサプライズなどの玩具付き菓子と同様のものだと主張している。

「あなたがもし玩具をたくさん販売しているお店に行き、サプライズ玩具を探してみれば人々が楽しんでいることに気付くだろう。彼らはサプライズを楽しんでいるのだと。玩具の歴史ではこれは何人にもわたり実践されてきた。我々は同じようにそのメカニクスをFIFAなどに取り込み、実際に人々を倫理的に楽しませている」

そしてHopkinsはElectronic Artsのサプライズメカニクスは、ギャンブル性を持つとされるルートボックスとは異なるとの見解を示した。そのためベルギーとオランダではルートボックスがギャンブル性を持つと認定されたが、同社のスタンスとしては合意できないという。ただしその地域での法を遵守するための変更は加えるとしている。