PC版『龍が如く0』、日本版は海外より76%高い

もん

海外より70%異常の高値設定

SEGAの任侠タイトル『龍が如く0』(Yakuza 0)の日本価格がヤクザ価格と話題だ。

2015年3月にPlayStationで発売され、長らくPC版への移植が望まれていたYakuza 0が遂にSteamでの発売が決定し、2018年8月発売として予約販売が開始されている。

ついにSEGAの伝説の日本タイトルシリーズがPCにやってきた。駆け出しのヤクザの桐生と真島として、東京と大阪で、死に物狂いで戦え!ビデオゲームでは他に類を見ない最前席で80年代の日本を体験できる。フレームレートは無制限、解像度は4Kに対応。伝説が生まれる。

Steam

世界で頭一つどこよりも高い日本版

Steamストアでの予約価格は、8月2日までは10%オフの3,499円。

PlayStation 4版で既に発売されている同作の新価格版が税抜き3,800円であることを考えると普通かと思うが、海外版に対してヤクザ価格過ぎると指摘されている。(日本の作品ではいつものことではあるが)

Yakuza 0の日本価格は、アメリカ版よりも76.2%高い。

日本版の3,499円は現在のレートで約31.69ドルだが、アメリカ版は17.99ドルだ。

各国向けストアでの価格を見ても日本版がどこよりも高く、2番目に価格の高いノルウェーよりも40%ほどの価格差が存在する。

Yakuza 0の各国価格 – SteamDB

もちろんSteamストアの価格は、各国の物価などが考慮されているが、少なくとも日本の物価がアメリカに対して高いということは聞いたことがない。

なぜ日本のゲームの物価?だけはいつも異常に高いのだろうか。