世界で最もPUBGを好きなのは日本、4人に1人がプレイ中と判明

PUBGの国別の人気度調査が行われた。

PUBGは現在6番目に人気の作品

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』に関する調査結果は驚きに満ちている。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)は2017年に294億ドルの大ヒットを記録しPCゲーム市場を大いに沸かせた作品だ。2017年3月から開始された早期アクセスから考えると既に800万本の販売を記録し、開発元のBlueholeは7月にはTwitchで最も視聴されたゲームとなったという。

そんなPUBGについて、調査会社Newzooが行った調査結果が発表されているので紹介したい。調査は42か国の1,200万人のPCゲームファンから行われた。

まずPUBGは7月にPCゲーマー達が支持するゲームの第6位となり、10.8%が本作をプレイしていた。PCゲーマー達がゲームに費やした総時間の4.0%が本作によるものであったことも判明している。

日本が最もPUBGを愛している国

そんな世界的人気作と呼べるPUBGだが、その人気は国別に大きく様子を変えていることが調査によって明らかとなっている。

PUBGが最も人気な国は、日本だ。7月には日本のコアPCゲーマーの25.4%が本作をプレイしており、その記録は次点の『League of Legends』を5%も上回っていた。

日本でのPUBGはプレイ時間も世界最高であり、平均セッション時間は69.5分。調査ではこの人気は日本でカルト的人気を誇る映画「バトル・ロワイアル」との共鳴も言及されている。

国別のPUBGシェア率 – Newzoo

国別に見た支持率の違い

他の国でのPUBGの人気度を探ってみるとノルウェーで22.5%、オーストラリアで21.9%、ニュージランドで17.1%と小規模な国土の地域で高い支持を得ていることが分かる。

世界の2大マーケットであるアメリカでは16%、中国では6月に7.9%で7月に14.6%と人気に火がついている状態だ。

世界の多くの地域で大成功を収めているPUBGだが、ロシアや東欧地域では振るわない様子。ロシアでは5.7%、ポーランドでは2.4%、ブルガリアでは2.3%、セルビアでは1.3%である。

その理由について確たることは判明していないものの、『Counter Strike: Global Offensive』(CS:GO)や『World of Tanks』といった作品が長らく愛されている地域ではPUBGが浸透しにくかったようだ。

印象的なのはポーランドで、元々CS:GOをプレイしていたゲーマーでPUBGに移動したのは僅か2%だということ。

Blueholeは今後のアップデートでさらなる人気の拡大を見込んでいるが、人気作となった後のプレイヤーベースの維持についても注視が必要だと調査報告はまとめている。