『Titanfall 2』はもっと売れるはずだった、開発元のRespawnが語る

発売時期と価格、この2点が粗かったと分析している。

Titanfall 2の売上を語るRespawn

『Titanfall 2』はもっと売れるはずだったと開発元から語られた。

『Titanfall 2』は2016年10月末に発売された同年アクションシューティング大作の一つ。しかし発売元のElectronic Artsが既に今年2月に認めているように、Titanfall 2の売上は同社が期待していたそれよりも低い。

この結果について開発元であるRespawnの代表Vince ZampellaがGameSpotとのインタビューにて考えを語っている。ZampellaはTitanfall 2について「成功」したし「よく売れた」とも語ったものの、もっと売れるはずだったとの考えを示した。

「ゲームは成功だった、よく売れた。しかし本来売れるべきほど売れはしなかった」と語るZampella。その原因については発売時期と価格設定が影響したと考えているようだ。

Titanfall 2の発売日は昨年10月28日。この日付は10月21日の『Battlefield 1』と11月4日の『Call of Duty: Infinite Warfare』の発売日に挟まれていた。Battlefield 1については発売元が同じくEAであるが、CEOのAndrew Wilsonは幅広い層のゲーマーにシューター新作を提供するためだと理由を語っていた。

Respawnは現在Star Wars関連シューター新作に取り組んでいるが、Titanfallフランチャイズの継続を望んでいると明言した。