“The Witcher”シリーズのゲーム化ライセンス料が約105万円だったと判明

その後の大ヒットを思えばあまりに安いライセンス料だ。

The Witcherゲーム化ライセンス料が判明

“The Witcher”シリーズのゲーム化のライセンス料金がいくらだったのかが判明した。

いまや世界的な人気ゲームタイトルに成長したThe Witcherシリーズは、元々はCD Projekt Redが同名の原作小説をゲーム化したものだ。現在ゲームは3作発売されており『The Witcher 3: Wild Hunt』が収めた大ヒットは記憶に新しい。

つい最近にはゲームシリーズが累計2,500万本販売の快挙を成し遂げ、原作者のAndrzej Sapkowskiにはさぞやライセンス料金として大金が舞い込んだと思われがちだが、それ以前にSapkowskiはゲームが成功すると思わず格安な金額でCD Projekt Redに権利を売却してしまっていたことを嘆いている事実が発覚していた。

2017年3月にSapkowskiが権利を格安で売り払っていたことが明らかになったものの、その際には一体いくらでゲーム化権利を売却したのかは不明であった。

約105万円で売り払われていた

元CD Projekt Redの代表であったSebastian Zielińskiが語るところによれば、CD Projekt RedはSapkowskiに対してライセンス料金を2回の分割払いで支払ったとのこと。DualShockersによればその金額は15,000PLNと20,000PLN、つまり9,500ドル(約105万円)。

余談として契約書は当初主人公であるGeraltの名前をGeraldと誤字していたため、Sapkowskiによって拒否された経緯があるという。

シリーズ1作目のThe Witcherが2007年に発売され、2作目のThe Witcher 2: Assassins of Kingsが2011年に発売、3作目のThe Witcher 3: Wild Huntが2015年に発売され瞬く間に”The Witcher”はスターダムを駆け上がり、2017年にはNetflixがテレビドラマ化することまでもが発表されたまさにヒットブランドだ。

それがたった約105万円でゲーム化の権利が売り払われて始まったものだとは、Sapkowskiでなくとも悔やむ選択だろう。Sapkowskiは「いったい誰がこんなに彼らが成功すると予想できた?」と語っている。