正史で二次創作の余地を潰さないため『Overwatch』の公式グラフィックスノベルがキャンセル

「アートは美しく、脚本は素晴らしいものだった」

ファン活動を重視し配信取りやめ

Blizzardが『Overwatch』のグラフィックスノベル”First Strike”のキャンセルを発表した。

世界中で多くのファンを持つOverwatchは、ゲーム内では全てが語られないもののその世界観の背景には膨大なストーリーが詰まった作品だ。そんなOverwatch世界の歴史の中でも重要な出来事が語られる予定であったFirst Strikeがキャンセルとなった。

当然Overwatchの新たな物語が明らかになると期待して待ち望んでいたファンたちは悲しんでいるが、キャンセルの理由はBlizzardがファン活動を考慮しての判断であったことが判明している。

First Strike

VG247によれば、ディレクターのJeff KaplanはFirst Strikeのキャンセルの理由について、製作中の内容が悪かったためではないとしている。「アートは美しく、脚本は素晴らしいものだった」

ではキャンセルの理由とは何か。KaplanはFirst Strikeをリリースすることによってファン活動に制限が掛かってしまうことをBlizzardが嫌ったためだと伝えている。

Overwatch内で重要な事件として知られるオムニック・クライシスを舞台とするFirst Strikeが公開されることで、それまでファンたちが議論し想像を語り合っていた出来事に対して正解の形を与えてしまう、ファンの想像の余地を狭めてしまうことをBlizzardが嫌ったのだという。

私たちは思ったんだ。「ねえ、私たちがこの道を選んでしまえばその他の可能性は全て潰えてしまうよ」と。

VG247

Overwatchは数あるゲーム作品の中でもファン同士による二次創作を通じた交流が盛んなタイトルだが、ファン活動を優先して公式企画を取り下げるという対応は非常にまれなケースだ。今回の出来事はBlizzardの精神性を象徴する出来事だと言えるだろう。