メディアを通じて情報発信をしない任天堂に対して、ファミ通こどもメディア編集長が不満を表明

「最近餅は餅屋の領域に踏み出しすぎだと思う」

メディア編集長が任天堂に不満

ファミ通こどもメディア編集長の水間勇一氏が任天堂に苦言を呈している。

苦言の内容は、ゲームメーカーである任天堂がファミ通などのメディア企業を通さず自社媒体を用いて情報を公開したことについて、メディア企業の領分を侵しているというもの。

事の経緯は任天堂が5月17日に自社ゲームハードNintendo Switchの新作アクセサリーグッズを自社ウェブサイトにて発表したことから始まる。

このアナウンスを任天堂がTwitterの自社公式アカウントで紹介したところ、水間勇一氏は「最近餅は餅屋の領域に踏み出しすぎだと思う」と発言し、任天堂のスタンスに対して不満を表明した。

この投稿に対しては現在、Twitter上にて「餅屋がちゃんとした餅の紹介をしないから」など批判的な意見が多く飛び交っている状況となっている。

ファミ通本体では以前にゲームメーカーと深い関係を築きデベロッパーと一つのチームとなることがファミ通のスタイルであり、日本のゲーム文化を支えた自負を持っていることを語っていたが、日本を代表するゲームメーカーである任天堂が自社メディアを優先する昨今、そのような従来の状況は変わりつつあるのかもしれない。