「PCゲーマーが過剰に返金制度を利用している」は誤解、総販売数が多すぎるだけ

返金リクエスト数は1日の販売本数と比べれば微々たるものだ。

Steamの返品率は実は高くない

PCゲーマーが過剰な返金行為を行っていると誤解されている。

先日DAMONGEでは、Valveが新たに公開したSteam Support Statsのデータを基に日々サポートチームに寄せられている返金リクエストの件数に関する記事を公開した。

当該の記事”Steamは1日約50,000件の返金対応を行っていることが判明“では、Steamが日毎に5万件の返金リクエストをユーザーから受け取っている事実について述べ、外部メディアでも取り上げられているのだが、一部では「PCゲーマーの民度」や「返金件数が多すぎる」といった反応が見受けられる。

この反応について実態に対する誤解が含まれていると感じたため、訂正しておきたい。

返金リクエストは約3.5%でしかない

実際としてSteamでは1日に約50,000件の返金対応を行っている。確かに、この数字だけを単体で見れば返金が多いと感じてしまうかもしれないが、それは正しくない。

なぜならSteamは世界有数の巨大ゲームプラットフォームであり、今年初めには同時接続ユーザー数が1,400万人を突破した巨大市場であるということを見落としているからだ。

要するに、50,000件の返金対応などSteamで1日に販売されるゲームの本数と比べれば微々たるものだということだ。Steamは1日に約1,400,000本のゲームを販売していると言えば、特に返金が多い訳ではないことが伝わるだろうか。

1,400,000本の販売に対する50,000本の返品は、割合で言えば約3.5%でしかない。この割合を見て、もう一度返金リクエストが多すぎるのか、PCゲーマーの民度が劣悪なのかを考えてみて欲しい。

※日毎販売本数はSteam統計サービスSteamSpyを用いて、2017年3月1日から4月30日の期間中の総販売数を日割りして算出した。データ収集方法の関係上、実際の販売本数はさらに増加する。