セガがPC版『ベヨネッタ』で成し遂げた凄いことを称賛しよう

世界同時、言語フル対応、適正価格!凄い!

セガが今回為した凄いこと

SEGAといえば、PCゲーマーにとっては「おま国」の代表的な企業だった。

しかしPC版『ベヨネッタ』の販売形式を見るに、SEGAには今後PCゲーマーにとって希望の光となるに足る変化の兆しと、賞賛すべきポイントが多くみられたことを覚えておきたい。

おま国とは日本のPCゲーマーの間で使われるネットスラング。Steamなどのゲームストアにて、特定の地域のユーザーに対してストアページへのアクセスがブロックされる措置を指して「おまえの国には売ってやんねーよ」ば状態を略したもの。

今回SEGAが『ベヨネッタ』で行った称賛ポイントは以下。

  • 世界同時発売、日本など特定地域の遅延なし。
  • 日本語完全対応、不自然な言語データの削除なし。
  • 適正価格での販売、オリジナル版の発売時期に見合った2,190円。

一見上記のポイントは普通のことに見えるかもしれないが、これは凄いことだ。(冷静に見ると本当に普通のことだが)

時代の変わり目をまずは祝おう

スクウェア・エニックスなど、比較的大手の中では早めにおま国緩和を行ったパブリッシャーでさえも、これら全てを達成しての販売を成し遂げたケースはまだまだ珍しい。

そんな状況で、特に強硬なスタンスと思われていたSEGAがここまでの動きを見せたことは称賛されるべき出来事だ。

手のひら返しと言われても構わない。まずは日本のPCゲーマーの将来について希望が見えたと喜んでおくべきだろう。PC版を推進したSEGAとプラチナゲームズの関係者は称えられるべきだ。

なお、欧州では現在ユーザーの居住地を理由としたブロッキング(ジオブロッキング)が独占禁止法違反の疑いで調査の対象となっている。