ゲーム業界の労働環境調査、平均所得は約533万円で75%の関係者が残業代を受け取れていない

もん

ゲーム業界の労働環境調査

ゲーム業界の労働環境や給与水準などが判明した。

2017年初めにGI.bizが行ったキャリア調査の結果が報告されている。この調査は完全な匿名の元にゲーム産業での労働条件や賃金など、複数の観点から行われた調査だ。

James Batchelorがまとめた調査報告によれば、調査に回答を行った80%以上は1週間に平均30-50時間働いていることが判明した。これは大多数にとってはフルタイムと呼ばれる1日8時間の勤務からそれほど乖離していないことを表している。

しかし1割以上の回答者は週に50時間以上働いており、中には81時間以上の勤務を主張している。

75%には残業代が支払われていない

このことから分かることは、ゲーム産業では約90%以上が平均して頻繁に残業することを求められていることだ。しかしそれなのにも関わらず「あなたの雇用主は残業代を支払っているか」との問いに「はい」と回答したのは4人に1人しかいなかった。

この結果をデベロッパーとして働いているのか、パブリッシャーとして働いているのかに区別して計上すると、パブリッシャーにて働く回答者の方が残業代が支払われていないケースが多いことが確認できる。

  • デベロッパーの88.8%は残業をしているが、残業代が支払われているのは29%。
  • パブリッシャーの従業員の92.3%は残業をしているが、残業代が支払われているのは12.8%。

残業代が支払われないと聞くと、かなりの過酷な労働環境を想像してしまうものだが、給与以外の追加的なサポートに関しては多くの回答者が十分な支援があると回答している。

52.3%にはスキル向上のためのプログラムが用意されており、73.3%にはフレックスタイム制度が認められているとのこと。他にもヘルスケアや食券やジムなどの福利厚生が63.2%に対しては用意されていた。

平均所得は約533万円

ゲーム産業全体の平均所得は£38,797(約533万円)、中央値では£38,000(約522万円)であった。この数字は最低賃金に届いていない回答者と、平均を歪める恐れのあった超高所得者を除外して算出しているとのこと。

  • デベロッパーの平均所得は£38,181(約525万円)、中央値は£38,000(約522万円)。
  • パブリッシャーの従業員の平均所得は£46,226(約635万円)、中央値は£40,000(約550万円)。

性別間の給与格差が指摘される

給与水準における性別間の格差が指摘されている。これはゲーム産業に限定された問題ではないものの、女性の平均所得は£33,274(約457万円)となっており、男性の平均所得£40,090(約551万円)と比べて£7,000(約96万円)のギャップが指摘が見受けられた。

より詳細なレポートはGI.bizにて公開されている。

Read Next...