AMDとNVIDAのどちらが優れているかの論争が殺人事件へ発展

|

AMD派とNVIDIA派の論争が殺人事件へ発展

ロシアでAMDとNVIDIAかの論争が殺人へと発展した。

多くの自作PCユーザーはCPUやグラフィックカードのチップメーカーについて、自身の選んだメーカーに特別な愛着を抱いているものだ。

宗教にも似た信仰心から、冗談交じりに宗教戦争などと揶揄される論争がフォーラムをはじめとする至る所で目撃されるが、ロシアで笑えない悲劇に発展してしまったことが伝えられている。

PC Gamerの報道によると、昨年ロシアに暮らす37歳の男性Aleksander Trofimovは、グラフィックカードメーカーのAMDとNVIDAに関する議論を友人のEvgeny Lylinと行った末に殺害したという。

二人はソフトウェア開発を共に行った仲間で、飲み会で会っていた際にAMDとNVIDIAのどちらがより良いクーラーを備えているかで意見を対立させ、険悪な雰囲気となったTrofimovがLylinを刺殺し、3日後に逮捕された。

裁判の結果Trofimovは有罪となり、殺人罪によって懲役9年半が宣告された。彼はNVIDIA派だったという。