日本からのSteamでの売上比率は僅か1%

海外ゲーム開発者によるコラムは「今後は中国」との主張が強く、そこに日本を見る声は無い。

あるデベロッパが売上データを公開

Steamにおける日本の存在感は微々たるもののようだ。

2015年に開催された”BitSummit 2015″にて、Valveは日本のユーザーと開発者の双方がSteamにとって重要な存在であると語っていたが、世界と相対的に見るとそうでもないようだ。

あるいはイベントが日本の京都で行われたものであったためのリップサービスだったのかもしれない。そう捉えるのは卑屈に過ぎるだろうか。

『Political Animals』の開発元であるSqueaky Wheelが公開した「2016年のSteamウィンターセールにおける国別の売上」を見ると、日本からの売上は全体の1%であったという。

このデータは統計データを収集しているSteamSpyから算出したものであり、Squeaky WheelのRyan Sumoは中国の購買力の高さを指摘した。

国別の売上比率から見る

Political Animalsの売上データ

グラフはGamesutraに掲載されたもので、アメリカが35%、中国が17%と続き、日本はロシアと並んで1%であることが分かる。この数字は売り上げ順位10位であることを意味している。

Political Animalsの対応言語には中国語が含まれていることから、そうでない他のゲームに比べてやや中国比率が高まっているものの、同様の条件におけるゲームでは同じ傾向にあると見てよさそうだ。

古いアジア観から失礼を承知で言えば、日本の購買力がフィリピンの25%しかないという事実は衝撃的だ。SteamSpyの国別ゲーム所持数を見ても日本は1.56%と小規模であることを示している。

Steamウィンターセール売上:

  1. アメリカ:35%
  2. 中国:17%
  3. イギリス:8%
  4. カナダ:7%
  5. フランス:6%
  6. ドイツ:6%
  7. フィリピン:4%
  8. オーストラリア:2%
  9. ロシア:1%
  10. 日本:1%
  11. その他:13%

海外デベロッパが日本を考慮するメリットは薄い

海外ゲーム開発者のRyan Sumoが投稿したコラムでは「今後のインディーゲームは中国をターゲットとするべき」との主張がなされており、そこに売り上げ1%の日本を推奨する声は無い。

市場規模から言って英語以外の言語へ対応する優先度は、世界有数の規模を持つ中国語が顕著にパフォーマンスが優れるためだ。

記事執筆時点でSteamSpyを確認すると、Steam全体での国別ゲーム所持数では日本は1.56%で13位。2週間当たりのゲームプレイ時間は圏外(26.23時間)となっている。

Steam統計データから見る使用言語比率では、2015年7月時点で日本語ユーザーは0.98%であったが、2017年2月時点では0.97%と微減している。日々良好な成長率を記録するSteamにあって、相対的な人数比が押されているようだ。

それでも希望的な観測を見出すならば、国別のユーザー数で日本は上位15位圏外で紛れもないマイノリティだが、それでも売上順位10位にランクインしていることだろうか。

「日本では売れない」の重み

日本のPCゲーマーの間では、よく日本は蔑ろにされがちだと不満の声が上がっているが、その理由として日本ファルコムが語ったように「単純に売れないから」、という状況はこの数字を変えていかなければなかなか改善されにくいのかもしれない。

売れないから扱いが悪いのか扱いが悪いから売れないのか議論は尽きないものの、かつての日本ゲーム産業を支えた日本ファルコムが発した痛烈な言葉に対して、我々日本のPCゲーマーはValveの言葉を心の支えにしてきた節がある。

今回垣間見えた数字の現実は残酷だが、日本のPCゲーマーは悔しさをバネに、これからもSteamの売上に貢献し地位の向上を願わなければならないのかもしれない。

UPDATE(2/6):
記事公開当初、Steamウィンターセール売上に関してSteam全体の売上データと誤って紹介しておりましたため、記事の内容を修正しております。情報元として参照した原文に含まれる”our”を見落としていたことによる誤訳が原因となります。グラフを作成したSumoからもSteam全体のデータではなくPolitical Animalsに関するデータであると確認しております。誤解を招いてしまい申し訳ありません。

また修正に際して、改めて正しいSteamウィンターセール期間中の国別売上比率を算出するためSteamSpy開発者のSergey Galyonkinに連絡を取ったところ、Steam全体に関する期間中の国別売上データは集計アルゴリズム内に発見された不具合のため、正常なデータを提供できないとの回答を頂いたことを報告させていただきます。