「プレイヤーが期待を裏切られたことも理解できる」

発売前に今年最大級の盛り上がりを見せながらも、発売後にその評価が逆転した『No Man’s Sky』。

本作にまつわる炎上騒動の原因を、一部のファンはSONYをはじめとする多くのプロモーションに惑わされたためだと批判をしている。このことについてSony Interactive Entertainment(SIE)のボスを務める吉田修平氏がインタビューに答えている。

IGNによれば、吉田氏自身はNo Man’s Skyを楽しんだとしながらも、多くのプレイヤーが期待を裏切られたことも理解できると答えている。吉田氏によればその原因はデベロッパであるHello GamesのPR戦略にあるという。

原因はHello GamesのPR戦略

「批判には一部理解できるものがある」と語った吉田氏は、本作のディレクターSean Murrayが作品について行った説明では、発売時点よりも多くの機能を約束しているように受け止められるとのこと。

あまり良いPR戦略ではありませんでした。なぜなら彼には助けてくれるPR担当がいませんでしたし、結局のところ、彼はインディーデベロッパです。

より多くの機能を約束していた一例として、ゲームの発売前にMurrayはマルチプレイヤーについて言及していたが、実際には実装されなかった。

本作がPlayStationブランドを傷つけたと思うかとの質問には、「個人的にはそうは思っていない」との回答に終わった。