Steamでの不遇の時代が変わりつつある

Steamに国産ゲームが登場するといっても、日本のPCゲーマーには素直に喜べない時代があった。

異常な価格差別が設定されたおま国販売や、なぜか対応言語から日本語が削除されるおま語。あげくは日本語に対応させるために海外での本編価格以上の言語パックDLCを購入しなければならないなど、日本人ゲーマーにとってはメリットが何一つない施策が行われて販売されることが常態化していたからだ。

しかし最近、そのような憂鬱な時代も過ぎ去りつつあるようだ。つまり、国産ゲームが初めから追加でDLCを購入する必要なしに日本語に標準対応し始めたということだ。

ダンガンロンパが日本語に無償対応

現在「英語テキスト」と「日本語音声&英語音声」にのみ対応しております、 PC(Steam®)版「Danganronpa: Trigger Happy Havoc(ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校)」および「Danganronpa 2: Goodbye Despair(スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園)」に、「日本語テキスト」と「中国語(繁体字)テキスト」を追加するアップデートを本日より無償にて配信を開始いたしました。

パブリッシャーのスパイク・チュンソフトは、現在Steamにて配信している「ダンガンロンパ」シリーズのアップデート情報を公開し、これまで英語テキストしか対応していなかった本作について、日本語テキストと中国語テキストを無償で追加するアップデートを実施すると発表している。

これによってこれまでテキスト主体の本作の英語を十分に読み解くことのできなかった日本語ユーザーであっても、他プラットフォーム版と変わらない表示でゲームを楽しむことが可能となる。

国内ゲームを国内ゲーム本来の姿のまま遊ぶ、これまで実現されていなかったこの理想がようやく現実となりつつある。