The Divisionのプレイヤー減少が続いている

Ubisoftが満を期して発売し、発売初週に3億3,000万ドルを売り上げるなど様々な記録を塗り替えた『The Division』だが、そのアクティブプレイヤー数は日に日に減少を続けているようだ。

PCゲーム界最大のプラットフォームであるSteamのプレイヤー人数を解析するサービスSteamChartsによれば、Steam上で最大同時プレイヤー人数が113,877人にも到達していたThe Divisionの平均同時接続人数は、現在約5,500人といったところにまで低下している。

これは最盛期の約95%のプレイヤーを失ったことを意味している。

PCGamesNによればThe Divisionは2016年3月の発売直後、Steam上で最大プレイヤー人数第3位にまで浮上したが、現在の順位は43位に転落しているという。

本作はオンラインアップデートや新コンテンツの投入を精力的に行っていはいるが、減少に歯止めはかからず成長率はマイナスとなり続けている。

graphOfDiF4G5

Grand Theft Auto VやFallout 4といった他の大型作品の人口グラフと比較しても、比較対象の2作品は上手くコンテンツのアップデートによってプレイヤーの離脱を防いでいることが見て取れるが、The Divisionの状況は一方的な減少に見える。

Ubisoftは同作について今後もDLCパックによるコンテンツの拡充を計画しており、何らかのテコ入れが必要であることは明白だが、果たして巻き返せるだろうか。