同人サークルが18禁パッチをSteam外部で販売開始

Steamにて同人サークル”NEKO WORKs”の新作『NEKOPARA Vol.2』が発売開始された。

Steamにヴィジュアルノベルが流通し始めるようになったのは2014年頃だったと記憶しているが、いち早く日本産ヴィジュアルノベルゲームを英語版としてローカライズ販売する活動を始めたSekai ProjectやMANGA GAMERなどと同じく、NEKO WORKsはSteam参入にかなりの力を注ぐ国内同人サークルの代表格だ。

ヴィジュアルノベルというジャンルそのものの流通はSteam上で開始されたものの、同ジャンルの中でも大きな勢力を誇る「エロゲー」分野は、未だにSteamでは認められておらず18禁表現は厳しく規制されている。

Steamで販売されているアダルトゲーム出身のビジュアルノベルは全年齢版として修正が行われた上で販売されている。

nekoparaSteamRanking5-2

外部パッチでの18禁表現の解除はSteamに認められている

しかし2015年1月末頃にパズルゲーム『HuniePop』の開発者がSteamを運営するValveから「我々は露骨な公の場にふさわしくない内容がストアページまたはコミュニティ上ですぐにアクセスできるような状態を望みません。しかしクッションページを経た後であれば、我々は問題ないと判断しています」という見解を引き出した。

これにより外部パッチやその他の方法によって、Steam上で販売していた全年齢版に対して18禁表現を解禁したとしてもSteamはそれを制限しないことが明らかとなった。

ただちにHuniePop開発者は外部パッチを配信し、同作品はユーザーが望めばアダルトな表現を楽しめる作品となり話題となっていた。

そして前述した同人サークルNEKO WORKsもこの外部パッチによる18禁表現の解禁をサポートする動きを見せている。外部販売サイトBoothにて、NEKO WORKsは新作『NEKOPARA Vol.2』用のパッチとして「【Steam用18禁パッチ】ネコぱらvol.2 姉妹ネコのシュクレ」を販売している。

海外ヴィジュアルノベルはまだまだ発展途上

実際のところ海外デベロッパーが開発し参入し販売しているSteam上のヴィジュアルノベルゲームの多くは日本産のそれと比べてまだまだ発展途上だ。悪い言い方をすればまだまだレベルが低い。

しかしそれでもSteamでは世界中のユーザーから喜ばれ、売り上げランキングの上位に食い込む作品となっている。多くの需要が存在している証左だ。

事実としてNEKO WORKsが発売した『NEKOPARA Vol.2』はSteamで世界中にファンを生み出し、売り上げランキングでは上位5位にランクインしている。Steam統計情報を集積しているSteamSpyによれば前作『NEKOPARA Vol.1』は約16万本の売り上げを記録している。

nekoparaSteamRanking5

市場調査レポートによれば日本のアダルトゲーム市場の状況は悪く、年々市場規模は縮小状態にある。

その結果、アダルトゲームでは8,000円近くという価格がメジャーな価格帯として根付いている。これは需要と供給の観点から少数のユーザーから高額に販売する構造が成り立っていることが原因だと考えられる。

この構造の長期化はユーザーにとってもメーカーにとっても良くはないだろう。新規のユーザーが増えることを阻害する要因になるからだ。新規ユーザーが増えなければあとは脱落していくユーザーのみで、市場はどうあっても衰退の道をたどることは明白だ。

国内エロゲメーカーのSteam参入を望む

終わりの見えた現状を維持するよりも、同時接続ユーザー数が1,000万人を突破する世界最大のPCゲームプラットフォームに参入する方が、より明るい未来が拓けてくるのではないだろうか。

日本のアダルトゲームは世界でも通用するはずだ。それはNEKO WORKsの成功を見るに明らかだ。今こそ国内エロゲーメーカーにはSteamに旅立ってほしいと思う。全年齢版のみの参入であっても十分世界で戦っていけるだけの力があるだろう。

nekoparaSteamRanking5-1