ライトニングさんがインタビューに応じる

ファイナルファンタジーXIIIの主人公ライトニングは最近、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のファッション広告塔としてブランド服に身を包み世界的なモデルとしてスターダムを駆け上っている。そんなライトニングがファッション業界での仕事についてインタビューに応じ、初めてブランドの新作コレクションに触れたときの衝撃について語っている

The Telegraphが独占取材したQ&Aによれば、ライトニングはJennifer ConnellyやAlicia Vikanderといった著名なモデルと肩を並べる未来を夢想し、輝く女性の姿として勉強する点が多いと語っている。

ライトニングはLouis VuittonのデザイナーであるNicolas Ghesquiereについて「彼のコレクションは私を落ち着きと誇りの感覚に満たしてくれる」といい、”本当の自分”について知れたという。今回のファッション界での体験は彼女にとって新たな道を見つけさせたとのこと。

新たな自分へと成長したライトニング

「ファッションは何かをあなたに教えたり与えたりして得るものではないんだ。自分自身の選択とこれまでからやってくるものだ。そして人々にあなた自身というものを映し出す」と彼女は語る。「Louis Vuittonはこれまで体験したことのない新たなアドベンチャーだ」

ライトニングは「そう遠くないうちに争いの世界に戻ることになる」と新作を示唆したが、Louis Vuittonでの体験を得た彼女は、同じライトニングでありながら新たな彼女となっていると語る。ライトニングはファッションモデルとしての経験を経てさらに勇敢な女性として成長したようだ。