法務部によって出席を制限された小島秀夫氏

その年のゲームへの栄光をたたえる一大イベント”The Game Awards 2015″の場にて思いがけない事実が明かされた。イベント主催者のGeoff Keighleyが説明した内容によれば、Metal Gear Solid開発者の小島秀夫氏はKONAMIの法務部によってイベントへの出席を拒否させられたとのこと。

『メタルギアソリッドV』がアクション/アドベンチャー賞を受賞した際、海外版での声優を務めたKiefer SutherlandがKONAMIと小島氏の間における法廷闘争について触れた。

「あなた方は今夜ここに小島秀夫が我々と共にいないことに気がついたでしょう、そのことについて少し話がしたい」とKeighleyが嘆く。「小島氏は当初ここに来てくれることを固く決意していました。しかし残念なことに彼はつい最近、いかなる賞を受け取るためにも授与式に出席することが許されないとKONAMIの法務部に伝えられました」

会場からは一斉に大ブーイングが巻き起こった。

「彼は現在まだ雇用契約中の身です。秀夫のようなアーティストが彼の仲間と共に祝うことが許されないということは私には考えられない、失望を隠せない」とKeighleyは語る。「我々がここにいる状況を、秀夫はたったいま東京で中継を見ているだろう。我々はあなたがいなくて寂しいよ、”The Game Awards 2016″では会えるよう祈っています」

世界中のゲームファンから愛される小島秀夫氏のような人物の行動を妨害し続けることで、KONAMIには一体何の利益があるのだろうか。戦略は見えてこない。

via: GameSpot, EuroGamer, GameInformer

メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント (2015-09-02)
売り上げランキング: 132