無料に慣れすぎて対価を支払うことを忘れた日本人、インディーゲーム開発者が苦言を呈す

|

無料のサービスに慣れすぎた日本人

無料のサービスやゲームコンテンツに慣れすぎた日本人は、対価を払うという当たり前のことを忘れつつある。

PC及びiOS向けに10月15日に発売を迎えた2Dジャンプアクションゲーム『Downwell』のクリエイターもっぴん氏が嘆いている。決して高くない価格で販売されているゲームに対してすら、日本人ユーザーは値段に文句を言う状況なのだという。

DownwellはSteamストアで298円、App Storeで360円とかなり良心的な値段設定だ。Steamストアを例にすればインディーゲームであっても1,000円台の作品が珍しくない中、間違っても高いゲームの部類には入らないだろう。

一定以上の面白いという評価を貰えるクオリティながら良心的な価格設定を行っているDownwellに対して、多くの外国人ユーザーが「いい値段だ!」と賞賛する中で日本人ユーザーのみが値段について文句を言っているともっぴん氏は報告している。

日本人は恥知らずに成り下がったのか

もっぴん氏は「無料じゃないの~とか言ってるやつだけはほんとに」と、作品に対して対価を支払う当たり前のことさえ忘れてしまったかのような日本人ユーザーの態度を嘆いている。

日本人は対価を支払うことを忘れた恥知らずに成り下がったのか、それとも台頭を始めた価値あるものにのみ対価を支払う「Pay What You Want(PWYW)モデル」にいち早く対応したのか、一体どちらなのだろうか。