暴力的なゲームが殺人へと駆り立てた

3人を殺害した罪で有罪となったアイダホ州出身の22歳男性Adam Dees氏は、「暴力的なFPSゲームへの熱中が自分を殺人へと駆り立てた」のだと、当局へ証言を行い海外メディアから注目を集めている。

アイダホ州エイダ郡保安官の報告は、Dees氏は殺人について訪ねられた際に「ビデオゲームでかなりの数を殺してきたから、実際の殺しも難しくなかった」と証言したと伝えている。

killer2

Dees氏は3月にTed Welp氏(80歳)、Elaine Welp氏(77歳)、Thomas Welp氏(52歳)らを殺害した罪についての証言にて、ゲームからの影響について言及したが自身が熱中していた作品のタイトルについては明らかにしなかった。

彼は殺人を犯した際、ひどく落胆しており自殺を望んでいたが「狂って生きよう」と決心したのだと警察に語っている。Dees氏は遊ぶ金ほしさに都市部から離れた豪邸をGoogle Mapにて探し、そこで見つけたWelp家を襲撃し強盗殺人を行ったとのこと。

KTVBが報じた事件の様子によれば、被害者は一様に酷く拷問され頭を撃ち抜かれていたという。

またDees氏はWelp家殺害で逮捕されなかった場合にはさらに殺人を行うつもりだったと告白している。

精神状態その他によってはゲームプレイに制限も必要か

Dees氏は双極性障害(躁うつ病)の治療薬を服用している最中であり、KVTBは精神病を患っている状態ではビデオゲームなどのエンターテイメントに影響を受けてしまう可能性があるかも知れないと伝えている。Riverside Behavioral Healthでカウンセラーを務めるJaime McManus氏はビデオゲームの影響についてコメントしている。

「あなたがもし健康で社会的にしっかりした人物なら、ビデオゲームは良い影響を与えるかもしれません。しかし、あなたがもし何らかの社会的もしくは感情的な問題を抱えているのならば、ビデオゲームには制限を掛ける必要があるかも知れません」

Dees氏は仮釈放なしの3度の終身刑が言い渡され有罪となっている。(※海外では複数回の終身刑が存在する)

via: GameSpot, KTVB