現役F1ドライバーがゲームでの走り込みを現実に活かす

ベルギーに位置するサーキット「スパ・フランコルシャン」は、高低差104mの激しいアップダウンと難易度の高い高速コーナーが連続する現行のF1使用サーキットだ。このサーキットの中でも”ブランシモン”の名で知られる超高速左コーナーは、ヨーロッパのサーキットの中で最も通過速度が高く度胸のいるコーナーとなっている。

先週ベルギーで開催されたグランプリにて、200マイル毎時の速度で駆け抜ける”ブランシモン”コーナーでのマックス・フェルスタッペン選手によるフェリペ・ナスル選手への困難なオーバーテイクが観客の注目を集めていたが、この白熱のシーンにはゲーマーにとって興味深い裏話があった。

f120152

フェルスタッペン選手はハンガリーGPでは4位に入賞するなど優秀な現役F1ドライバーでありながら、レースゲームを中心に活動するプロゲーマー集団Team Redlineにも加入しているゲーマードライバーとして知られている。

Team RedlineはF1ゲームを始め様々なレースゲーム大会にて優勝を総なめにする強豪チームであり、マックス・フェルスタッペン選手は今回のベルギーGPにおいて見せた活躍はゲームでの走り込みが実を結んだ結果だと海外メディアでは報じられている。

マックス・フェルスタッペン選手によるゲーム上での「スパ・フランコルシャン」の練習風景がYouTubeにて公開されているが、この走り込みが現実にも活かされているのが本当ならば、近年のシミュレーションゲームの出来映えには舌を巻くばかりだ。

via: EuroGamer, engadget