「実写にしか見えない」と話題を呼んだエンジンがついに販売

シリコンスタジオ、主にゲームコンテンツ向けミドルウェアの開発を行っている同社は、ゲーム開発向けレンダリングエンジン「Mizuchi」とゲームエンジン「OROCHI 4」の販売を8月25日より開始した。

今回発売となったレンダリングエンジンMizuchiは、去年開催された”GDC 2014″にて「実写にしか見えない」と評判になった物理ベースレンダリングエンジンで、PlayStation 4及びXbox One世代に対応している注目のエンジン。

OROCHI 4はシリコンスタジオがリリースを重ねているゲームエンジン”OROCHI”シリーズの最新製品で、拡張機能「Mizuchiエクステンション」を用いることで前述したMizuchiの機能を併用することが可能だという。

008

上記の画像はOROCHI 4とMizuchiを併用して製作されたサンプルで、同社のエンジンを利用することでこの水準のゲーム開発が可能になるとのこと。圧倒的な質感表現力に強みのあるMizuchiと、国産エンジンとしての柔軟性や使い勝手を活かした製品の登場で、今後ますます高水準なゲームが世に登場することに期待したい。

「PS4やPC向けに高度な物理ベースレンダリングを手軽に活用できるようになり、ミドルエンドからハイエンドまでゲーム開発を広くカバーできるゲームエンジンに進化しました。多くのゲームデベロッパーにとって魅力的な開発環境の選択肢が増えことは業界にとって大変好ましい事です」

004
005
006

via: 4Gamer