Steam用の携帯ゲーム機が登場

携帯型Steam OS搭載ゲーム機”Smach Zero”、元々は”Steam Boy”という名称で存在が知られていた端末だが、ついにその発売時期が発表された。発売予定時期は2016年Q4、ホリデーシーズンになるという。

気になる”Smach Zero”のスペック情報だが、海外メディアの報道によれば4GBのRAMを搭載し内部ストレージは32GBの容量を持つという。スクリーンは720p解像度のタッチパネルになるとのこと。さらに外部出力としてHDMIを備えることが報じられている。性能としてはAMD社が供給するGシリーズSoCの”Steppe Eagle”をベースとしたCPU及びRadeon社の”GCN”アーキテクチャを搭載。

“Smach Zero”は現在予約受付を開始しており11月10日までの期間限定で299ドルで販売されている。

どの程度までのゲームが動作するのか、実際の操作感や快適さはどの程度かなどの詳しい情報は現在のところ公開されておらず、発売が近づくにつれて順次情報が公開されていくと見られている。

via: PC Gamer, VG247