任天堂を支えた一人のゲーマーがこの世を去る

任天堂は、同社の代表取締役社長を務めていた岩田聡氏が2015年7月11日、胆管腫瘍のため逝去していたことを発表した。

岩田氏は2002年6月1日の任天堂の代表取締役社長の就任から、同社の大ヒットゲーム機「Wii」を任天堂創業以来最大の普及台数を記録させ、メディアにも積極的に出演するなど同社の顔として活動を続けていた。

2014年6月には胆管に腫瘍を患っていたことを公表し、一旦は体調を持ち直したもののその後様態が急変、55歳の若さでこの世を去った。

代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)

当社 代表取締役社長 岩田 聡が、平成27 年7 月11 日、胆管腫瘍のため逝去いたしました。
ここに生前のご厚誼に感謝し、謹んでお知らせ申しあげます。

  1. 氏 名 : 岩 田 聡

  2. 生 年 月 日 : 昭和34 年12 月6 日生

  3. 略 歴 :
     平成12 年6 月 当社取締役就任
     平成14 年5 月 取締役社長就任, 代表取締役就任
     平成25 年6 月 Nintendo of America Inc. 取締役会長(CEO)

  4. そ の 他 :
     これにより、当社の代表取締役は以下の 2 名となります。
     竹田 玄洋 (代表取締役 専務取締役)
     宮本 茂 (代表取締役 専務取締役)

以 上

13040435454l
名刺の上では、私は会社社長である。頭の中では、私はゲーム開発者である。
しかし心の中では、私はゲーマーである。

ソース: 任天堂, TechCrunch