E3 2015の来場者数は5万2千人を記録

世界中のゲーム開発者達が最新情報を発表するゲームの祭典「E3 2015」は閉幕した。

E3 2015はほとんどの多くのゲーマーにとって興奮に満ちたショーとして成功を収めたと言えるだろう。E3の主催であるElectronic Software Associationが発表した情報によれば、今年のE3への来場者数は52,200人を記録し、去年開催されたE3 2014の来場者数48,000人を上回る結果となっている。

来場者は109カ国から訪れており、300もの出展者が発表する約1,600の製品を見て回った。ソーシャルメディア上でも同イベントに対する多くの反応が寄せられており、Twitterでは630万件の投稿、Instagramでは750万のlikeが付き、Twitchでは100万人の視聴者数、YouTubeでは100万以上の動画が投稿された。

ESAのCEOを務めるMichael D. Gallagher氏は「他のどのE3よりも今年はゲーマーにとって最高だった」と語っている。

次回のE3 2016は、2016年6月14日に同じくロサンゼルス・コンベンション・センターにて開催される予定だ。

ソース: VG247