追記2015/7/9:
6月23日付のアップデートにより対策され、日本語化が不可能になったとのこと。

2015年6月版のPC版『The Evil Within』日本語化手法が判明

過去記事: PC版『The Evil Within』(サイコブレイク)の日本語化の方法がついに発見される

ユーザー有志がファイルを解析した結果、日本語データが収録されており日本語化できたものの、2014年12月11日にはアップデートという名のファイル削除が行われ日本語化を不可能にされてしまった『The Evil Within (サイコブレイク)』だが、この度新たな日本語化手法が発見された。

今回発見されたのは2015年6月版の『The Evil Within』に対応したもので、匿名有志によって公開されている。

日本語化パッチを適用したユーザーからの情報によれば、本編以外のDLC部分についても対応しているという。

jp

以下、例のごとくパッチの利用は自己責任

まずは日本語化パッチをダウンロードする。下記のリンクに記されているURLからダウンロードが可能。

2015/06/07投稿: 日本語復元パッチ

圧縮された「PBPC_RestoreJP」ファイルをダウンロードできたら解凍する必要があるが、それにはパスワードが必要となっている。解凍に必要なパスワードは上記リンクの投稿者名をクリックすると「sage p: ○○」と表示されるので、「○○」を打ち込む。

jp1
jp2

解凍が終わったら「PBPC_RestoreJP1\The Evil Within 日本語化\1」下に存在する「TheEvilWithin_common_subtitle_jp.exe」を実行する。適用するフォルダは「SteamApps\common\TheEvilWithin\base」を指定する。

この時に「MD5チェックサムが一致しない」というエラーが発生する場合があるが、ファイルの整合性を確認するなどしてゲームを最新状態に更新すれば解決する。(6/14日時点の情報でありアップデートにより不可能になる可能性あり)

「TheEvilWithin_dlcX_subtitle_jp.exe」についても所有している場合は同様に行う。

「PBPC_RestoreJP2\The Evil Within 日本語化\2」下に存在する「TheEvilWithin_common_ja.streamed.exe」を実行すると、音声データについても日本語化できるとのこと。手順は同様。

2015-06-14_00001

上記の画像のようになっていれば日本語化は終了。近日中にアップデートにより対策が行われると思われるため、しばらく日本語でプレイする予定があるユーザーはゲームファイルの完全バックアップを別場所に行っておく必要がある。


関連記事: Steamが「購入から14日以内でプレイ時間が2時間以内」のゲームに限り返金に応じることを発表
関連記事: 「Steamを従来市場と同一に考える企業は成功しない」、Steamパブリッシングの本質と将来性
サイコブレイク
サイコブレイク
posted with amazlet at 15.06.14
ベセスダ・ソフトワークス (2014-10-23)
売り上げランキング: 368