LizArtsの新作ADV『メモリーズドグマ』のKickstarterが開始

同人ゲーム制作サークル「LizArts」が手がける、脳科学×遺伝子×近未来SFをテーマとした新作ADVヴィジュアルノベル『メモリーズドグマ』Kickstarterプロジェクトが開始された。

日本版だけでなく英語版の制作も予定されており、すでに同人作品の海外ローカライズなどでお馴染みとなったSekai ProjectがSteamなどへの海外展開を担当しており、Steam Greenlight上でも情報を確認することが出来る。

本作は、科学の発展によって人の記憶を保存することが可能とり、記憶を通じて死後の人間と通話出来るようになった近未来の日本が舞台。「会話の出来る記憶は果たして本人でありえるのか?」といったテーマを複数のヒロインとの出会いの物語で提示していくとのこと。

Kickstarterを使ってプロジェクトに投資する方法と使い方を紹介

newSicienceFictionKickstarter1

脳科学×遺伝子学×近未来SFヴィジュアルノベルアドベンチャー

“もしも記憶をデータとして保存出来るようになったら?”
誰しもが一度はこのようなことを考えたことがあると思います。
情報科学の大学院生であった当時の私も、同じようにそんな考えを巡らせていました。
そして「そのような技術が日本で現れたらどうなるだろう?」と考えていくうち、
本作品のコンセプトが誕生しました。

増加する犯罪に対するデモ、世論に動かされ規制する政治家
そして世界を変えるはずの技術は国有化され管理される。
そんな日本的な近未来が本作品の舞台です。