Amazon Game Studiosが野心的なPCゲーム開発を開始

米Amazonが立ち上げたゲーム開発スタジオAmazon Game Studios「野心的な新PCゲームプロジェクト」を始動させ、様々な役職のゲーム開発者を求人していることが海外メディアの報道で判明した。

現在求人している職の多くが過去にAAA級タイトルの開発を経験していることを条件としており、同社の新事業にかける意気込みが見て取れる。

Amazon Game Studiosのプロジェクトでは「最新技術」が用いられているとされており、今年始めにはAmazonはCrytekとライセンス契約を結んだと報道されており、Crytekが保有するCryEngineを利用したゲーム開発が行われると予想されている。

2014年4月にはAmazonは『Portal』のデザイナーを務めたKim Swift氏と、『Far Cry 2』デザイナー及びLucasArtsでディレクターを経験しているClint Hocking氏を雇用し、同社のゲーム開発スタジオへと迎え入れている。さらに同社は2013年7月にはValveの多くのタイトルに関わったTom Leonard氏を雇用している。

世界屈指の大企業が参入を始めたゲーム開発事業、一体どのような作品が登場してくるのか見逃せなくなりそうだ。

ソース: VG247