続々と関係者が去って行くKONAMI

KONAMIは今後モバイルゲームへ注力、新たな代表取締役社長が同社の方針を明かす「潜在的な課金モチベーションは高い」
konami2

モバイルゲームへの傾倒が噂され、これまでKONAMIを支えてきたビッグタイトル関係者との関係が崩れてきているのではと噂されているKONAMIだが、現在同社のウェブサイト上のお知らせ一覧が壮絶な状況だと話題になっている。

『ラブプラス』・『ときめきメモリアル』シリーズに関するお知らせ

弊社の『ラブプラス』・『ときめきメモリアル』シリーズの制作を担当した社員(内田明理氏、ミノ☆タロー氏)が退職したことで、同シリーズの制作について、お客さまにご心配をおかけしております。

KONAMIの『ラブプラス』・『ときめきメモリアル』シリーズは、お客さまから長年愛され続けている大切なコンテンツであり今後も制作・提供を続けてまいりますので、ご期待ください。引き続き同シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。



『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』に関するお知らせ

KONAMIは『MGSV:TPP』の後も『メタルギア』シリーズの制作、提供を続けてまいります。今後も引き続き『メタルギア』シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

尚、KONAMIは新たな『メタルギア』シリーズの制作に着手することを決議しました。制作にあたり、主要スタッフのオーディションを開始いたします。

KONAMIが公式に『Silent Hills』開発中止を発表

『桃太郎電鉄』シリーズに関するお知らせ

『桃太郎電鉄』シリーズの制作について、お客さまにご心配をおかけしております。

同シリーズは、多くのファンの皆様からご支持頂いていると共に、弊社も長年かけて育ててきた大切なタイトルですので、今後も続けて参りたいと思っております。

次回作をどのような形で提供できるかについては、さくまあきら氏と話し合いを続けておりますが、残念ながらまだ結論が出ておりません。

一日も早く、ファンの皆様に喜んでいただける作品をお出ししたいと思っておりますので、引き続き同シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。