EA関連の商標を含んだドメインを標的に悪質な悪戯が横行

EAが海外の巨大掲示板サイト「4chan」のユーザーによってサイバースクワッティング(高く売りつけるために商標その他を含んだドメイン名を予め取得し占拠する行為)の被害にあっていることが報告されている。

今回の問題は匿名のユーザーによって「eastarwars.com」及び「eastarwarsbattlefront.com」のドメインが未取得のまま放置されており、だれでも先着で取得可能であることが投稿されたことによって始まったという。

運の悪いことに、EAが運営するスター・ウォーズ関連の公式Twitterアカウント名は「EAStarWars」を利用しており、同一のものが未取得のまま放置されていることで質の悪いユーザーの興味を引いてしまったとのこと。

EAは現在のところスター・ウォーズ関連ゲームサイトには「starwars.ea.com」を利用している。

既に無関係のユーザーによって取得されてしまった「EAStarWars.com」上では、現在EAが開発を進めている新作『Star Wars Battlefront』の開発がキャンセルになったと騙った内容で公開されており、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の劇中挿入歌と共に、「EAの犠牲者」と題された同社の関連ゲームスタジオのロゴマークが表示されている。

掲示板上には「EAにドメインを売りつけたい」と匿名の投稿が行われ、サイト上にはロシア国内宛のメールアドレスが連絡先として記載されているが、現在のところEAはこの件に関して一切の反応を示していない。

ea-star-wars-domain-cybersquatted-by-4chan-users-14321218981
143212175886

Star Warsバトルフロント (2015年11月発売予定) (「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱)
エレクトロニック・アーツ (2099-01-01)
売り上げランキング: 25