Steamの「?cc=us」が使用不能に、ストア設定もIPアドレスではなくアカウントへの紐付けになりVPNも実質不能へ

今後はIPアドレスではなくアカウントへの紐付けに

ユーザーの居住地によるゲームの購入権限への介入を続けるSteamだが、先ほど新たな制限が追加されていることが確認されている。

今回追加された制限は、これまで居住国ごとに表示の違ういわゆる「おま国」ソフトの確認や価格の違いを確認するために、ユーザーの間で用いれられていた「?cc=us」によるページの切り替え機能の排除

それに加え、今後はSteamへの接続IPアドレスが変わったとしてもアカウントに紐付けられた国のユーザーとしてゲームを購入することが強制される居住国の固定化が加わっている。Steamサポートは今回の変更について、ユーザーが旅行などで居住国を離れた場合でも自国通貨にてゲームを購入することが出来るようにするためとしている。

ユーザーが現在とは異なる地域へと永住するようになり、対応ストアを変更することが必要な場合は、従来までのIPアドレスによる自動判別ではなくなり、今後はSteamサポートへと連絡を取り紐付けされている居住国を変更してもらうことが必要になるという。詳しい変更の手順については不明。

今回の変更によって、在日米軍など一部のユーザーにとっては本来の権利が取り戻された形となる。しかしオリジナル版の購入も許されず内容に修正が入るなど、内容は同一であっても価格が倍以上も違うことなど従来より不満点の多い日本のゲーマーにとっては、また足枷が増えた形となる。

「日本でPCゲームは売れない」と国内メーカーが嘆き批判が殺到した件は記憶に新しい。「市場のユーザーが増えない理由はサービスの質の問題である」とValve社の代表Gabe Newell氏が語りもしたが、Steamが日本のPCゲーマーにとって良いサービスを提供できるようになるまでまだまだ日にちはかかるようだ。

おま国とは
おま国とは、PCゲームダウンロード販売サイト「Steam」にて、リージョン制限のため日本からは購入できない商品を揶揄するスラングである。Steam以外の場所で使われることもある。「売ってるがお前の国籍が気に入らない」 もしくは 「お前の国には売ってやんねーよ」 の略。

追記4/18 : 再度仕様の変更がありサインアウト状態でのみ「?cc=us」が使用可能に。

ニュースSteam, おま国

Posted by もん