学校で費やされる時間はゲームの総プレイ時間に等しい

アメリカ合衆国にあるインディアナ大学が発表した「現代の学生たちとゲームプレイ時間の関係」について大きな注目が集まっている。発表によれば、現代の学生たちがゲームをプレイする時間は、彼らが学校に通う合計時間と同等だという。

この発表についてある人は、テレビゲームが未来ある子どもたちの教育に大きな障害となっていると受け止めるだろうが、アメリカ教育省はこれを逆にチャンスとして捉えているようだ。

「学生たちのライフスタイルを調べてみると、多くの学生たちは高校を卒業する頃には平均して1万時間をゲームに費やしていることが分かる。これは彼らが学校で費やしている時間と同等だ」、教育用ゲームの開発に乗り出した教育省のチームを率いるErik Martin氏は、うまくゲームを教育に結びつけることができればそれは大きなチャンスとなると語った。

今月末、アメリカ教育省は教育に関する専門家や教師、学生、ゲーム販売会社やゲームクリエイターらを招いての初となる会合を開催する予定だ。この会合では現在のゲームと教育的なゲームの間に残る障壁をいかに破るかについて議論し、面白くも教育の役に立つゲームの開発を目指すという。

sch

アサシンクリードが歴史理解の手助けに

会合に参加する大手パブリッシャのUbisoftは、自社が販売している音楽ゲームシリーズ『Rocksmith』やダンスゲーム『Just Dance』のほか、意外なことに暗殺者を主人公とした『Assassin’s Creed』について言及した。

「第三次十字軍出征の年代を背景とした初代『Assassin’s Creed』では多くの歴史的事実を盛り込んで制作した」とUbisoftのMichael Beadle氏は述べている。「我々のゲームを通して視覚的に学生たちが学んだ歴史と、単純に学校で学んだ歴史を比較してみてほしい」

『Assassin’s Creed』シリーズにはプレイヤーがゲーム内で訪れた建物や地域にまつわる歴史について学べるデータベース機能が搭載されている。歴史的な瞬間を経験し、学ぶことの出来るこの機能が将来の教育的なゲームへの足がかりになるだろうとUbisoftは告げた。

現在アメリカでは政府主導でゲームの教育への応用が研究されており、単なる娯楽として以外の価値が急速に認められつつある。今後ますます多くの人たちが注目していくことになるだろうゲームと教育の関係によって、近い将来ゲームの立ち位置は今とは全く違うものになっているのかもしれない。

ソース: Polygon

アサシン クリード ユニティ(日本語版) 通常版[ダウンロード]
ユービーアイソフト (2014-11-20)
売り上げランキング: 102
ASSASSIN'S CREED 4 BLACK FLAG PLAY ARTS改 エドワード(PVC塗装済みアクションフィギュア)
スクウェア・エニックス (2014-06-20)
売り上げランキング: 59,659