アンチによる脅迫のためスタッフのアカウントが休止に

海外で大きく注目されている格闘ゲーム新作『Mortal Kombat X』の製作総指揮を務めるShaun Himmerick氏が、連日彼のTwitter宛に寄せられる脅迫行為のためアカウントの利用を休止することを明かした。

Himmerick氏は連日、『Mortal Kombat X』に期待を寄せるファンからの様々な質問に答えていたが「もうTwitterをしたくない」と投稿し、ファンではない者からの脅迫が理由だと述べている。

「私はMortal Kombatに対して情熱と愛情をもって取り組んでいたし、それに期待してくれているファンの人たちの存在も嬉しかった。しかしファンと距離が近いということは、同時にファンではない人たちからの攻撃に晒されるということでもある」

「私は私自身への攻撃ならばなんとでも対処できると思っていたし、そうであれば問題はなかった。しかし攻撃は私の妻や幼い娘にまで向けられた。性的暴行をほのめかすような脅迫だ・・・」

「どのような理由でか私と戦いたい人たちと、私自身は立ち向かう覚悟でいるが、それが私の家族にまで向けられても同じ状態でいられるだろうか。答えはノーだ」

未だインターネット上ではその向こう側に自分と同じく人間がいると分からない人たちが大勢いる。

ソース:ParaDiger

Mortal Kombat X(輸入版:北米)
Whv Games (2015-04-14)
売り上げランキング: 607
マッドマックス (2015年発売予定)
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン (2099-01-01)
売り上げランキング: 178