まず任天堂×DeNAが目指すべきはSteam越え

2015年3月17日、任天堂とDeNAが資本及び業務提携に合意したことを発表し様々な業界をわかしたことは記憶に新しい。他プラットフォームに比べインターネットサービス面が遅れがちであった任天堂はこれからどう変わるだろうか。GMOインターネットの世永玲生氏が今後を分析している。

これまで任天堂はソニーが誇るPSNのような類似のサービス「クラブニンテンドー」を運営していたが、他の自社サービスとの連携が薄く、古臭さの拭えないアナログなネットサービスに留まって後塵を拝していた。

今回のDeNAとの提携により、任天堂は新たに複数のデバイスを統合した後継の会員制サービスを合同開発中であると発表しているが、世永氏は任天堂が持っていないプラットフォーム運営のノウハウを多数有するDeNAを取り込むことで大きく前進するだろうと語っている。

世永氏は今後の任天堂のネットサービスの進むべき道として、購入欲を高める演出を巧みに用いてPC向けの世界最大のプラットフォームとなった「Steam」を目指すべきだという。単なるゲーム販売に留まらず、利用者間のコミュニティ機能の実装とレコメンド機能を強化すべきだと世永氏は述べた。

DeNAとの提携で世界と戦えるようになったのか

しかし元任天堂社員で現エンタースフィアの代表取締役を務める岡本基氏はこの意見に疑問的だ。

「仮想敵としてSteamを設定するのはいいけど、結局どういうプラットフォームを目指すのか、その企画とビジョンが重要」と語り、かつて任天堂が失敗したネットサービスの遅れは技術がなかったわけではなく、明確なビジョンを持てなかったことが原因だとした。

また岡本氏は、任天堂が発表した新型ゲーム機「NX」において想定される最大の市場は北米市場であるとして、果たして任天堂とDeNAが北米市場に対するノウハウを持っているのか、それを有効に活用できるのかが最大の山場だという。

「任天堂の日本サイドとDeNAで、はたして北米ユーザーのニーズをくみ取ったゲームサービスが本当に企画できるんですか、という点が大きな課題なわけです。日本人による日本人のための日本人にしか受けないサービスになりませんよね、と」

無難なものを無難に提供するだけで終わってしまわないかと述べた岡本氏だが、仮にその予想通りの悪い結果になったとしても、レスポンスの速いサービスが生まれるのならユーザーにとっては有益だとした。

果たして任天堂はDeNAとの提携によって、世界的な一大プラットフォームへと返り咲くことは出来るだろうか。新たな分野を取り込み前進を始めた任天堂の行く末から目が離せない。

NEW GAME! (2) (まんがタイムKRコミックス)
得能 正太郎
芳文社 (2015-03-27)
売り上げランキング: 8