オバマ大統領らとゲーム実況者が同列に

ゲーム文化の変化の兆しとして、「インターネット上で最も影響力のある30人」にゲーム業界から二人が選出された。

世界初のニュース雑誌として歴史のあるアメリカのメディア・TIMEが新たに公開した「インターネット上で最も影響力のある30人」にて、バラク・オバマ米国大統領など著名人が並ぶ中に、YouTubeにて人気ゲーム実況者として知られるPewDiePie氏や、ゲームにおける女性の立場の向上を訴える活動を続けるAnita Sarkeesian氏が名を連ねている。

TIMEはリストの発表に際して「ソーシャルネットワークの発展は、たとえ偶然であったとしても、無名だった人々の中から現実世界における指導者と対抗できる力を生み出せるまでになった」とコメントしている。

PewDiePieとして知られるFelix Kjellberg氏はYouTube上で活動しているゲーム実況者であり、3500万人以上のファンを抱えた最もYouTubeチャンネルへの登録者が多い人物の一人。2013年の収益は約4億円を超えていることが報じられている。

Anita Sarkeesian氏はフェミニズム運動の活動家として知られ、特にゲームにおける女性の立場の向上を訴える「Feminist Frequency」の運営によって知られる。やや過激な発言をすることでも一部の人々から反感を集め、近年では彼女の講演会が匿名の殺害予告によって中止され、FBIが捜査に乗り出すなど社会問題にもなっている。

ソース:GameSpot

BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Z
ベンキュージャパン (2014-03-25)
売り上げランキング: 220