TPP後の『メタルギア』シリーズの制作が決定

『メタルギア ソリッド』シリーズの監督を務めてきた顔役といえる小島秀夫監督の今後について様々な噂が飛び交う中、KONAMIが新たなアナウンスを発表し、『メタルギア』シリーズの新作の制作に着手したことを明かしている。

KONAMIは『MGSV:TPP』の後も『メタルギア』シリーズの制作、提供を続けてまいります。今後も引き続き『メタルギア』シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

尚、KONAMIは新たな『メタルギア』シリーズの制作に着手することを決議しました。


また「小島プロダクション」の公式ツイッターアカウントが閉鎖された他、メタルギア公式サイト上から小島プロダクションのロゴが削除されたことで、「小島秀夫監督がKONAMIを退社するのでは」と随所で噂されていた件について、KONAMIは「制作体制が変更となり、小島プロダクションなど社内プロダクション制度をやめ、本部制へと改変したため」と否定している。

同発表では新作の制作に着手した件の他、制作スタッフの募集が併せて行われている。

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』は2015年9月2日に発売予定。

『メタルギアソリッドV ファントムペイン』の予約受付が開始