『Star Citizen』のファイルサイズは100GB超に

現在開発が進められているスペースコンバットシム大作『Star Citizen』は大きな展望を掲げる意欲作であり巨作である。――それは野心的な意味でもファイルサイズ的な意味でも

『Star Citizen』の開発責任者Jeremy Masker氏が最終的なファイルサイズは100GBを超える可能性があると明かした。

クラウドファンディングに投資し開発をサポートしているユーザーたちの書き込む公式フォーラムでは初め、現在部分的にリリースされているモジュールの最適化や圧縮などでファイルサイズを30-40GBに出来ないかと提案していた。

それに対してMasker氏は「ゲームのアセットの削減やファイル圧縮率の向上を目指すことは、ファイルサイズを30-40GBにするほどの効果を達成できない。最終的には100GB近いファイルサイズとなるだろう」と語っている。

「もちろん、パッチによるゲームの最適化はより速度を上げて行っていくが、残念ながらパッチによってファイルサイズが減少する見込みは少ない」「また個々のパッチには100個を超えるアセットの調整が含まれており、2-6GBのパッチを超えると予想されている」

これらの件は高速なインターネット環境を備えるユーザーにとってはどうということのない話かも知れないが、オーストラリアのようなパケット量に制限のある地域や回線速度の遅い地域では難儀することになりそうだ。

あらゆる意味で大作となることが示された『Star Citizen』がどのような作品となるか、目が離せない。

ソース:Gameranx

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)
長谷 敏司
早川書房
売り上げランキング: 20,123
PSYCHO-PASS GENESIS 1 (ハヤカワ文庫 JA ヨ 4-6)
吉上亮 サイコパス製作委員会
早川書房
売り上げランキング: 209